SDGs活動報告ブログ

2023.01.23

「ゆとりろ津和野」再生ストーリー

リロバケーションズ版/地域活性化モデル着々と進行!
「ゆとりろ津和野」リニューアル工事&コンテンツ作り進行中

 

当社が運営するリロホテルズ&リゾーツの温泉旅館「ゆとりろ津和野」は、2023年3月24日のリニューアルオープンに向け、現在改修工事が着々と進められています。

昨年12月1日より着工し、現在は外壁の塗り替えや客室及びレストラン、ロビーの改装が進んでおります。(工事完了は2月末予定)
今回はリロバケーションズ版地域活性化モデル@津和野の自治体/地域を巻き込んだ新たな取り組みを一部ご紹介いたします。

リニューアル工事中の「ゆとりろ津和野」

 

 

<観光産業活性化支援事業に認定>
ハード面においては、現在観光庁が行っている「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業」※(注1)の認定を受け、津和野の地から地域活性化モデルの構築を推進しています。(当社史上初の認定)
当該旅館は、築年数30年を経過している古い旅館ながら町の中心地に位置し、地域で唯一の温泉旅館です。当社が支援を開始する前は、観光客の減少に施設の老朽化も重なり、年々売上げが減少し、閉館の危機に直面していましたが、貴重な観光資源を守る為、当社を含め津和野町、旅館組合、観光協会が一枚岩になり、他に類を見ない地域活性化モデルの創出に向け取り組みが進捗しています。

※(注1)「地域一体となった観光地の再生・観光サービスの高付加価値化事業」:長引く新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた観光地が、ポストコロナに向けて地域一体となって地域で立案する宿泊施設の改修等を含む、観光地再生を実現するための取り組みを支援する事業。公募を行い、審査を通過した地域や事業者、計画に対して補助金が交付されます。

 

<自治体を巻き込んだ地域創生>
自治体との連携では、当プロジェクトチームのメンバーは幾度となく津和野の地を訪れ、その魅力を再発見したり、観光協会や地元企業と何度も打ち合わせを重ね、新たな観光需要を喚起できる手法を模索しています。
例えば、今回のリニューアルコンセプトのキーを管理する日本遺産センターの協力を取り付けメインのコンテンツを制作し、また現在観光協会が実施している<津和野を巡る体験ツアー>をゆとりろ津和野からも送客できるよう調整中です。
さらにお客様にご提供するお茶やお酒、お土産コーナーの商品は、幅広く地元の企業とのコラボ商品を開発しました。地域の特産品のPRも同時に実現できる、まさに一石二鳥の取り組みです。

観光協会との打ち合わせの様子

 

津和野の街

 

 

そしてリニューアルオープン前日には、オープニングレセプションを開催予定です。地元メディアや観光協会、商工会の方々をはじめ、当社が得意とするSNSを活用し、多くのインフルエンサーも招くなど次世代に残る観光PRの成功事例となるべく、挑んでいます。
当社のホテル再生は、「今あるものを活かす」ことをテーマとしており、新築の豪華さはありませんが、だからこそ地域との連携を通じて付加価値を醸成していくことが重要になります。

今回のリニューアルを今後も続く施設再生のモデルとし、地方創生に尽力してまいります。
地域活性化モデルとして生まれ変わる「ゆとりろ津和野」にご期待ください!

 

 

★「ゆとりろ津和野」先行予約開始!
予約サイト:https://is.gd/FEnZyA